生まれ育った越前市の卵

投稿日:


僕の生まれ育った越前市の、探さないと判らないところに鶏舎があります。

そこには結婚した相手の家が鶏舎だった事で、家業を手伝い、卵販売をしている若い男の子がいます。

当たり前ですが、鶏は生き物なので毎日世話があるので、毎朝早くから働き、留守にも出来ず、旅行にも行けず、誰もが敬遠しそうな事を真剣に取り組んでいる事に驚きました。

僕も微力ながら彼の卵を使わせてもらおうと決めました。

もしも何か僕の使っている料理やデザートのデータが、彼のこれからの卵の生産や味に活かせるのであれば幸いだし、
何より会ったときのピュアな感じが好感度MAXでした。
30歳になるかならないかで苦労も気にせず、黙々と働く人を応援していければと思います。

人の生活になくてはならない縁の下の力持ち的な卵です。

変なブランド思考の指向より大事なんじゃないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください