鮨 十兵衛 × サラマンジェフ Sessions

投稿日:

11月21日(水)サラマンジェフにて、福井市の名店 「鮨 十兵衛」塚田哲也 氏とセッションディナーを開催。
サラマンジェフのカウンター7席、テーブル席も同じく7席に絞り込んで、テーブル席の目の前でも塚田氏が握ります。

異なるバックグラウンドを持つ同士が、互いのカルチャーを理解し合い、感性や思考を刺激し合い、新しい表現を生み出していく。どこまで高められるか?
いつもの王道の鮨と、自店では出すことのない今日だけの鮨。サラマンジェフが最近使っているフレッシュキャビアを塚田氏に提供、ここから何が始まるか?
塚田氏の作るカラスミを使ったサラマンジェフの1皿。
また、いつものように温度と湿度を管理し、骨付きの半頭で熟成させるサラマンジェフの和牛の可能性を探る握りと料理。
穴子の煮詰めは、サラマンジェフのソースで!

今日から打ち合わせをはじめ、試食を重ねて、当日まで互いにアイデアを出し合い、当日のお客様に楽しんでいただこうと、手探りの1回目の話し合いを終えました。

ワイン福井の時に話をした、久しぶりに県内で楽しいことを・・・、が動き出しました。

蕎麦、パティシェ・・・、今後いろいろな方といろいろな場所で楽しみを提供出来ると思います。
ご期待下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください