ケータリングを終えて

投稿日:

「現代のレオナルド・ダヴィンチ」とも言われる、
世界的アーティストのテオ・ヤンセン氏と越前和紙が世界初のコラボレーション!!
いよいよテオヤンセン展が開幕致しました。

前日のレセプションの料理をケータリングで提供させていただきました。
どこまでできるか判らないスタートでしたが、たくさんの方々のこれ以上あり得ない協力で、あの日出来るベストを提供することが出来ました。

北陸電力さまには、早い段階で電気厨房設備を備えたトラック「オーロラ号」の確認をしてくださり、何日も前から富山県より福井入りしてくださいました。

前日は昔よりは大きくなっていたシンクが1台とヤカンを沸かすのが精一杯の給湯室にセッティングして試運転、レセプション当日は、もしもの時に備えて1日中待機して見守ってくださいました。

これだけのことを北陸電力さまが惜しげも無く協力してくれたお陰で、外にテントを張って、風になびく火を使いながら料理することはありませんでした。

この日オランダ出身のテオヤンセン様にあわせて、オランダのゴーダチーズとサワラ、地トマトのセミドライトマト、秋茄子、隠し味の梅干しを用いたパイ包みが、ベストの状態で提供出来たのは最高の喜びでした。

ここに行き着くまでに、何人もの北陸電力に関係する方々がご尽力してくださったことを心より御礼申し上げます。

料理写真を撮る余裕はありませんでしたが、
越前和紙さまには脂を通さないハンバーガーを包むような紙を作っていただきました。
1品目から県産のイチジクとフォアグラをシュー生地で包む、ハンバーガースタイルで提供出来たこともスムーズに進められた1つです。

前日には親しくさせていただいている高村刃物さまが気を利かせてくれて、ナイフを全てメンテナンスしてくれました。
ただでさえキレッキレッで有名なナイフが、更に輝く状態に手直ししてくれたのは、いつも見守ってくれているお陰でした。

河田の漆器はもちろん、塗り箸まで、多くの方々がお膳立てしてくれました。
ありがとうございました!!

20数席しかない店ですので足りない物ばかりで、皿からグラスに至るまで、友人から酒屋さんまで全ての方々が惜しげも無く協力してくれました。
本当にありがとうございました。

テオヤンセン展が大盛況でありますように!

#テオヤンセン
#北陸電力
#福井県伝統工芸品
#越前和紙
#越前打刃物
#河田塗り
#越前漆器
#サラマンジェフ
#サラマンジェフのケータリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください