Profile

藤井正和
1967年
福井県越前市出身
1983年
16歳で飲食業に従事。県内のホテル、結婚式場、レストランにて知識を深める。
1993年
ホテル内レストランシェフに抜擢。
1998年
ホテルの料理長に就任
2000年
早々とテイクアウト商品を開発し、通販サイトでお取り寄せ1位を連発する。
2019年7月現在、ネット販売先では、累計100万個、16週連続1位を記録と公表されている。
2004年
全日本女子バレー柳本ジャパンの合宿の魚料理とスイーツを、ホスピスに「最期のワンスプーンまで」を提唱する、金谷節子先生より依頼を受けて手掛ける。
2005年
皇太子殿下御行啓食事会の料理担当。
2006年
生存確率の低い大病を患い、仕事、料理に向き合う姿勢が大きく変わる。
2009年
全国植樹祭にて、天皇、皇后両陛下の食事を担当。
2013年
福井市北の庄にサラマンジェFをオープン。
サラマンジェとは食堂、エフ=Fukui、Fujii、Foodなど、Fをキーワードにした食堂の意味。
  • 種子島安納地区の安納芋、福岡県から野菜類、岡山県蒜山ジャージ乳、北海道恵庭市の野菜、紋別市の帆立、蟹など、今までに訪ねた産地は数知れず。
  • 地元の食材だけに限らず、取り寄せてでも食したい適地適作の食材をプラスし、しっかり美味しい料理をモットーとする。
  • 美味しさの追求に重すぎるテーマを背負わせるのではなく、どこか懐かしさを感じる料理に組み立て、深みを与える意味でも、今もブイヨンやフォンをしっかり取り、さりげなくフランス料理の根幹を大事にしている。
  • 日本人の感性で作るフレンチを追求するにあたり、花山椒、実山椒、木の芽を摘んでくるなど日本のハーブやスパイスも効果的に使い、何科の食物を何と合わせるか、表面のあしらいで見た目からアプローチするのではなく、食材の根底にある必然を大事にしている。
  • 1980年代に多くのシェフ達が取り組んだ、日本の素材とフレンチやイタリアンの技術から作られる1皿との完成度が今も大好きである。
  • 今は時代が進み、当たり前になって見過ごされがちな所に、今は忘れた美味しさが存在すると思う。それは決して重い料理というのではなく、時代に関係なく共に寄り添う必要な美味しさである。